弁護士さんが交通事故問題を解決してくれました

母が買い物途中に車にはねられたと、会社に連絡が来ました。
びっくりして病院へ行ったら、幸い命に別条はなく一安心。
でも、足を骨折しており入院しなければなりませんでした。

事故の原因は運転手の不注意。
歩道のない細い道路を歩いていたところを、後ろから来た乗用車にはねられたとのことで、母に落ち度はなかったようです。
しかし入院、治療しながら保険会社と示談交渉することは、母にとっては精神的にかなり負担のようでした。
そんな母を見て、なんとかしたいと以前、やはり交通事故にあったと言っていた知人に、大阪で交通事故問題に強い弁護士を教えてもらいました。

おかげさまで母の不安な気持ちも解消され、治療、リハビリに専念することができました。
弁護士にお願いするなんて、なんだか敷居が高く感じますが、案外身近な存在だったんですね。
交通事故なんてあわないに越したことはありませんが、またこんなことがあったら、まず弁護士さんに相談しようと思っています。

TrackBack URL

Comments are closed.